一宮の水漏れが台所などで起きるのは耐用年数も関係

一宮のお風呂場や台所、洗面所などで水漏れが起きるのは、普段使っている蛇口に耐用年数があるためです。これは転じて、機器などが使用に耐える年数のことで、製品が安全に使える年数の目安で、蛇口だと大体5年から10年だと言われてます。実際に多いトラブルだと、ハンドル部分から漏れたり、パッキンが劣化して漏れてきます。パッキンは内部へ使っているゴム製の消耗部品で、これも5年から10年ぐらいで交換が必要です。

全ての製品が5年で壊れることはないですが、色々な生活環境の状態で早い段階で一宮でも水漏れが起きることもあり、10年以上たっても壊れずに使えることもあります。まず、劣化しやすい条件として住んでいる場所の水質があり、大体は各市町村の上水道を使っているなら問題はないですが、井戸水を使っていると井戸の水質で蛇口の劣化や痛みが違ってきます。基本的に井戸水を使っていると上水道を使う家庭よりも、蛇口などから一宮でも水漏れなどのトラブルが起きる可能性が高いです。井戸水だとトラブルが多くなる理由は水の中に含まれる不純物が多いことが一つあります。

他にも温泉水だと通常の水質と違うので、蛇口に起きるトラブルが増えます。温泉成分などがハンドル内部に付着して、ハンドルが硬くて回らないなど他よりも多発することも珍しくないです。パッキンなどの消耗品を定期的に交換するなどメンテナンスをしっかり行っていれば、突然のトラブルも防げますが中々メンテナンスが行き届かないのも事実です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *