一宮の水漏れで水道代の返金請求は可能か?

一宮の水漏れが気が付かない間に起きていて、使ってない水道代は支払いたくないと感じます。基本的に土の中や壁の中だと見えない部分でも、契約者の専有区分の水道管だと支払い義務がありますが、条件次第では減額されたりします。条件は使い方に問題がないこと・発見が難しい場所・漏れの修理が終わっていることです。これらの条件に当てはまれば減額され、自治体によりルールも違うので地域によって別に条件が必要だったりします。

料金も基本的に一宮で水漏れが起きた分の全額返金はなく、漏れてない時期の2から3ヶ月分の水道使用量を参考に水量の50%~70%程減額されます。発見場所が難しいことが条件なことが多く、トイレやキッチンなど普段の生活で見かけることが出来る場所だと減額請求は受け付けてないです。修理が終わっている条件も、自分で直すのではなく一宮の指定工事店が水漏れの修理をする必要があります。明細書などを添付し本人が申請する必要があったり、指定工事店が水道局へ必要書類を提出することが条件など違います。

漏水調査をしてから漏れているなら、地域の水道局へどの条件なら減額請求が可能か確認しておくといいです。水道局が給水装置の新設、変更などの工事を適正に施工出来ると認められた業者を指定工事店といいます。水道水の供給を受けるための給水装置の構造や材質が不適切だと、安全で良質な水道水の供給が受けられませんし、公衆衛生上に問題が起きる恐れがあるためで各地域の水道局から指定を受けてます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *