岡崎, 水道修理, 生活/暮らし

給湯器交換すべきポイント

毎日のようにお風呂に入ったり、食器を洗うためにお湯を使用するなど、日々使うことが多い「給湯器」ですが、壊れてしまってから交換するとなると困ることも多くなるでしょう。「急に壊れて使えない」ということを防ぐためにも、給湯器交換のポイントを知っておきましょう。給湯器交換時といえば「寿命」です。どんなものでも寿命があり、給湯器の場合は10年~15年くらいが寿命と言われています。

メーカーでは使用期間を10年としているところが多く、生産終了から10年程経過してしまうと修理などで使用できる部品の入手も困難になってきます。そのため、修理部分が出てくると高額の費用がかかることがあります。いずれは交換することになるため、寿命期間に入ったら修理をするよりも交換したほうが金銭面的にも良いでしょう。寿命以外にポイントをいくつかあげるとすれば、給湯器の不調です。

お湯が出にくくなったり、お湯を出す際に給湯器からの着火音が以前と比べ大きめな音になったら注意が必要です。また日によって温度にムラがあったり、追い炊き機能が使えないなど不調が出だしたら給湯器交換のサインになるので、壊れて完全に使えなくなる前に業者に連絡を入れ、しっかりと調べてもらいましょう。またリモコンにエラーが頻繁に出たり、取扱説明書を見てもエラーを解除ができない場合も、給湯器交換のサインになるので見逃さないようにしましょう。「なんだかおかしい」と思ったら、そのままにせずに業者へ素早く連絡することが大切です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です