トイレづまり, 一宮, 生活/暮らし

知っておきたい給湯器の修理と給湯器交換の違い

現代社会において、給湯器は生活に必要不可欠なライフラインの一つとも言えるほど重要なものです。給湯器が壊れてしまったら、お風呂に入ることもできませんし、真冬でも冷たい水道水に耐えなければいけませんし、温水を利用した暖房も使えなくなってしまいます。もはや単なる電化製品の故障ではなく、日常生活に支障をきたす大きな問題となってしまいます。従って、故障した時には速やかな対応が必要となりますが、「修理」か「給湯器交換」か適切な方を選ばなければいけません。

焦って損をしないようにするため、実際に故障する前にどちらが適しているか、考えておくと良いです。「修理」を選んだ方がお得になる可能性が高いのは、比較的に新しい給湯器が故障した場合です。給湯器はメーカー保証やメンテナンス保証などが付けられており、保証期間内であれば無償で修理を受けられる場合もあるからです。保証期間は給湯器販売業者によりますが5年から10年といった長期間の保証もあります。

給湯器を購入する時にきちんとした保障のある業者を選べば修理時に無料で給湯器を修理することもできます。「給湯器交換」が必要になるケースとしては、古い給湯器が故障した場合です。給湯器を修理するための部品は最長で10年間保有することが定められているのです。これは、10年間は故障しても修理できるようにメーカーが部品を保存しておかなければいけないということですが、逆に言えば10年以上経ってしまえばこのような部品を保存しなくても良いということであり、10年以上使用している給湯器では修理するための部品が手に入らない可能性が高くなるのです。

10年以上も使用した給湯器では、経年劣化によって十分な効率を得られていない可能性も考えられます。このような場合には積極的に「給湯器交換」をしてランニングコストを節約できることもあります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です