一宮でも多いトイレづまりと対処方法

一宮でも、トイレトラブルは多く発生していますが、特に多いのはトイレづまりです。トイレの水が流れなくなってしまうと焦りますが、無理に長そうとすると汚水があふれ出てしまうこともありますので、慎重に作業を進めていきましょう、まず、一宮でもトイレづまりの大きな原因としては、異物が詰まっていることと、水流の不足が考えられます。トイレットペーパーを一度に大量に流すこともつまりの原因になりますので、多く使うときは複数回に分けて流すようにしましょう。つまってしまった場合でも、少し時間を置くことで溶けて自然につまりが解消することもあります。

携帯電話や、掃除用のスポンジなどの固形物を流してしまった場合は早急に取り除くことが大事です。手の届く場所にあるときは、ゴム手袋などをはめて、素早く広い上げます。手が届かないところに流れてしまった場合は早めに業者に連絡するようにします。一宮で多いトイレづまりの原因では、水量の不足があげられます。

水が勿体ないからといつも小のレバーを使っている場合も注意が必要です。節水対策にタンクにペットボトルなどを入れている場合も水量不足につながるので過度な節水はしないほうが無難です。節水をしていなくても、水量が足りなくなることもあります。流れる水が少ない場合は、タンク内で水がたまりにくくなっている可能性があります。

部品の劣化などでタンク内で水漏れが発生している場合もありますので、異常がないかチェックしてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *