クレンジングゲルには種類があります - 肌のことを考えてクレンジングゲルに

クレンジングゲルには種類があります

クレンジングゲルは肌に優しく、油分も少ないのでまつ毛エクステンションをしていても使えるということで評判のよいクレンジングです。

今、話題のクレンジングゲルとの上手な付き合い方をお知らせします。

クレンジングゲルには水性、油性、オイルなどジェルには種類があり、それぞれに特徴や違いなどがあります。



クレンジングゲルはとろみのあるテクスチャーで、ゲル化剤で固めたものをクレンジングジェルと言います。

食品でジェリー状にする場合にはゼラチンなどが使われていますが、化粧品の場合には水溶性ポリマーが使われています。水溶性ポリマーは肌に悪いものではなく、分子量が大きいため肌に侵入するようなサイズではないため肌には無害です。


クレンジングゲルの種類は大きく分けて4種類がり、水性ゲルはオイルフリーで油分がゼロで界面活性剤が多めです。無色透明のテクスチャーで、油分を含んでいないのでメイク落ちは良くありません。
軽めのメイクに適しています。


水性ジェルでオイルインは、主流のもので油分が少なめで界面活性剤は多めです。

ナチュラルメイクに向いていて肌への負担は大きくありません。油性ジェルは、油分が多めで界面活性剤は少なめで、メイクの洗浄力は良いものです。



肌にもマイルドでクリームクレンジングとほぼ同じ性質で、乾燥肌や敏感肌の人などにも良いタイプです。
オイルジェルはクレンジングオイルとほぼ同じで、油分が多めで界面活性剤は多めです。

メイクの洗浄力はオイルジェルが油分が多いため良く洗浄することができるため、濃いメイクには適していますが、肌への負担は大きいクレンジング剤です。

クレンジングゲルといっても種類によって特徴が異なるので、メイクの濃さや自分の肌に合ったタイプを使うことが肌にとっても良いことです。