医療機関が利用するファクタリング

subpage1

医療機関では、様々なコストがかかります。

診療科目にもよりますが機械などの設備が必要であり、さらに看護師や医療事務などのスタッフも雇用しなければやっていけないところも多いです。
高額な医療機器の場合は、一度に支払えるコストを超えてしまうことも少なくありません。


また、最新の機器を導入しようと思えば、相応にお金が必要になるのは自明です。

このお金の調達については、よくファクタリングを利用して資金調達を行います。

ファクタリングの最新情報が知りたい方にはこちらです。

ファクタリングでは、医療機関が受けとる治療費すなわち診療報酬を元手にしての受給が行われます。医療費は患者負担部分とその患者が属する保険者からの支払で賄われるものですが、患者負担はほぼ受診時に支払われるのに対して、残りの部分の請求及び受領には時間がかかるようになっています。

レセプトという専用の請求書類を作成し、通常の場合であれば翌月の10日までに請求を行うことで、審査を経て受給という流れになっていきます。

ファクタリングでは、この請求を行う権利を持って担保とし多額の資金の貸し出しを行うものです。



貸す側からすれば、資金の回収の目処が立ちやすいことからあまり不安を覚えずに済みます。



さらには巨額の資金になりやすいため、利息も大きく受け取れる見込みが立ちやすいのです。


一方で借りる側も、巨額の資金がすぐに調達しやすいというメリットがあると言うことで、貸す側借りる側双方にメリットがある取引として、よく行われています。