医療とファクタリングの活用

subpage1

医療だけに限った話ではないのですが、ファクタリングというのは資金繰りにいつも困っている経営者にとって強い味方になり得る存在です。

これはどういうものかというと、種々の債権の買い取り、請求の代行とでもいうべきサービスなのです。

ファクタリングの最新情報を見つけよう。

どうしてこういうサービスが出てきたのかというと、本質的には債権の発生と実際の決済との間には時間差があることが理由です。



医療の世界では診療報酬債権がまさにこれに該当します。



患者さんが受診した場合、窓口で支払ってくれるのは通常は費用の3割だけのはずです。つまり、診療の対価としてその場で受け取れるのはたった3割にすぎず、残りの7割は健康保険に請求して初めて受け取れるわけで、実際に受け取れるまでには時間がかかります。
資金繰りに十分な余裕があるようなところでは別に問題もないのかもしれませんが、ぎりぎりのところでやり繰りしているような医療機関ではこの時間差は結構深刻な問題です。
診療報酬がまだ健康保険からもらえていないので例えば職員の給料はそれまで先延ばしなどというわけにはいかないでしょう。


こういう場合に役立つのがファクタリングです。
ファクタリングでは、医療機関が持っている診療報酬債権を適正な価格で買い取ってくれます。

もちろん代金はその場での支払いというか、即日振り込みとなります。

ファクタリング会社は後日その診療報酬債権を健康保険から回収することで経営を成り立たせているわけです。


ファクタリングの重要知識

subpage2

ファクタリングとは、他人が所持する売掛債権を買い取り、その債権の回収を行う金融サービスのことをいいます。その中でも医療ファクタリングというのは、医療機関だけが利用することの可能な資金調達方法のことです。...

more

ファクタリングの意外な真実!

subpage3

医療機関においては、報酬の一部は公的医療保険の保険者から支払われる支給金によって成立しています。支給金が支払われる前の、サービス提供が終了しているにもかかわらず料金の支払いが済んでいない債権を買い取り、その分のキャッシュを支払うと言うのがファクタリングの仕組みです。...

more

ファクタリング入門

subpage4

医療でファクタリングの利用は絶対なのかと言うと、これは絶対ではないと言えます。病院や診療所などのサービス提供者側に支払われる報酬の一部は、公的医療保険の保険金から支払われています。...

more

ファクタリングの基本知識

subpage5

医療機関では、様々なコストがかかります。診療科目にもよりますが機械などの設備が必要であり、さらに看護師や医療事務などのスタッフも雇用しなければやっていけないところも多いです。...

more